公認会計士をWebで学ぶには?学校の概要と費用を紹介

自宅近くに専門学校がない方のために「Web講座」で学べるスクールをピックアップしてみました。

Web講座は繰り返し授業動画が見られるというメリットがありますが、果たして他にはどんなメリットがあるのでしょうか?

CPA会計学院

早慶生をターゲットにし、早稲田と、慶應日吉校の近くに校舎を持ち、その評判の良さから新たに水道橋にも新しく校舎を構えるCPA会計学院

なんといっても通常の4倍である、驚異の40%と言う合格率の通学コースも評判が高いですが、スキマ時間にPCやスマホから勉強ができるweb講座もあります。

このWeb講座は、初めて学習を開始する方のコースはもちろん完備されており、
学習経験者には、上級総合マスターコースから短答、論文コースがあり、短答の単科では短答問題集、答練練習、圧縮講義など7コースがあります。

また、論文対策のほうが講義数は多く、上級講義から論文対策問題集、基礎答練、直前答練まで9コースがあります。

CPA会計学院のWebコースは、通学コース同様のコース充実度と万全のサポート体制が大きなウリで、受験生に合格を近づけています。
豊富なコースの中から自分に合ったコースを選んだり、充実したサポートをうまく使うことで、自分の実力以上の見返りが期待できそうです。

また他のスクールにある、Webアプリ、生協割引、免除科目割引等も当然用意されています。

資格の大原

TACとともに公認会計士の予備校では2大校と呼ばれる大原2大校だけで公認会計士の予備校全体の30%以上の合格者を排出しているのはさすがとしかいいようがありません。

そんな大原にもweb講座があり、初心者向けから受験経験者向けまで実に様々なコースがあります。その中でもWebコースは、通学コースと変わらない充実度で料金もさほど変わりません。
大学生であれば、大学生協などで申し込みをすると5%割引になったり、免除科目がある場合はその科目を免除して申し込みができるなど良心的な一面もあります。

資格の学校TAC

TACTAC web schoolというアプリを持ち、スキマ時間に学べる体勢が整っています
1年半から2年を目標にして学べる本科を始め、短答、インプット、アウトプット、直前対策、短答免除など豊富なコースが揃っています。

クレアール

マルチデバイス対応のweb講座に映像配信システムと、通学よりもweb講座に力を入れているクレアール

コースは初学者と経験者対応のコースがあります。通学コースのウリである、超効率的な「非常識学習法」はweb講座でも生きており、通学コースさながらの充実度です。

Webコースでは授業動画の長さを3分の2に縮めたりと、効率良い学習が行えます

LEC東京リーガルマインド

LEC東京リーガルマインドに関しては、過去の特別イベントをWeb動画などで配信したことはあるものの、特に公認会計士用の学習アプリなどはないようです
HP上には学生のおすすめアプリなどは掲載されていましたが、学校が発表しているアプリの掲載はありませんでした。

まとめ

繰り返し学習がキーポイントとなる公認会計士の資格試験勉強。web講座はとても相性が良いといえます。

家や出先に居ながらにして、通学コースと同等の授業が見られるというのは、非常に効率的で画期的な学習方法です。

スマートフォンで勉強ができるとなれば、通学や通勤時間を使って勉強が出来ます。また、視覚に訴える動画教材は受験生の記憶に残りやすいです
そのため、通常のテキストよりも効果的な勉強ができるのではないかとも思われます。

費用の面ではさほど通学と変わりませんが、学習サポート面では通学コースの上を行くかもしれません。