米国公認会計士とは?

キャリアアップや就職に強いと言われる「米国公認会計士(USCPA)」という資格をご存知でしょうか?

海外で公認会計士として活躍できることはもちろん、日本国内においても国際的な案件の増加に伴って米国公認会計士の需要も高まっています。
そんな米国公認会計士の特徴や日本の公認会計士との違いをご紹介します。

米国公認会計士とは?

米国公認会計士とは、その名の通りアメリカで認定される公認会計士の資格です。
米国公認会計士の資格を取得すると、アメリカだけでなくカナダやオーストラリア、香港などの相互承認されている国でも公認会計士として働くことができます。

さらに、日本においても米国公認会計士の資格を持っていることで「会計知識」に加えて「英語力がある」ということの証明となり、就職や転職に有利になるというメリットがあります。

海外において会計という分野で活躍したい方はもちろん、今後就職や転職、キャリアアップを目指したい方にもおすすめしたい資格となっています。

日本の公認会計士との違い

米国公認会計士と日本の公認会計士では、資格試験の難易度に大きな違いがあります。
日本の公認会計士試験は、医者・弁護士とならんで三大国家試験と言われるほど、トップクラスの難易度を誇ることで有名です

試験に合格するには実務で必要となる会計知識や計算能力をしっかりと身に付けなければいけません。

一方、米国公認会計士の試験は基本的な会計知識のみの出題で、細かい知識や計算方法に関しては実務を通して身に付けるというスタンスになっています。
そのため、日本の公認会計士試験に比べて合格しやすい試験だと言えます。実際に、合格に必要な勉強時間は1,000~1,500時間と言われ、日本の公認会計士試験の半分の時間で資格の取得ができるのです。

さらに米国公認会計士の試験では、会計知識に加えて法律やITなどのビジネスに関する幅広い知識が求められるため、学生よりも社会人向けの資格だと言われています。

米国公認会計士試験の概要について

2017年4月から新制度が適用されており、こちらでは新制度の内容をご紹介します。

試験科目

Financial Accounting & Reporting(財務会計)
Business Environment & Concepts(企業経営環境・経営概念)
Regulation(諸法規)
Auditing & Attestation(監査および諸手続き)

試験科目は全4科目で、各科目75点以上で合格となります。
1科目ごとに受験可能となっており、その場合は有効期限が18ヶ月と定められています。
もし18ヶ月以内に残りの科目が合格できないと1度合格した科目でも失効となってしまい、再度受験が必要になります。

受験地

アメリカで受験する場合:約300カ所あるテストセンターのどこでも受験可能です。
日本で受験する場合:東京または大阪で受験可能。ただし、受けられる州は限られています。

試験の日程

第1四半期 1/1~3/10
第2四半期 4/1~6/10
第3四半期 7/1~9/10
第4四半期 10/1~12/10

1年を4つの期間に分けて試験を実施しています。各期間内に1科目につき1度の受験ができます。そのため、1年間に最大で4回の受験が可能となっています。

出題形式

米国公認会計士試験では、コンピュータによる試験を実施しています。
どの科目も前半は「四択試験」後半は「シュミレーション問題」という構成になっており、試験時間は4時間です

受験資格

認定される州によって異なりますが、主に「学位要件」と「単位要件」があります。

学位要件がある州では、4年生大学卒の学位である「学士号」を取得していることが求められる場合があります。

対して単位要件では、大学や短大などで「会計単位」や「ビジネス単位」を一定数取得していれば受験できます。

まとめ

米国公認会計士は、日本の公認会計士を目指すよりも短い時間で資格を取得できるという大きなメリットがあります
もちろん、英語での試験となるため英語力が必須ですが、リーディングのみなので(話したり聞いたりする能力は問われない)、英語が得意ではなかった方でも合格できたという声もあります。

また、社会人になってからでも取得しやすいため、年代を問わず、取得すれば昇進や転職で大きな強みとなり得る資格と言えるでしょう。

一方で、米国公認会計士の資格を取得した後に日本の監査法人などで働く場合は、日本の公認会計士試験の合格者と比べると専門的知識が不足するという事態も考えられます。

そのため、もともと公認会計士や企業の経理担当としてある程度の知識を積んだ方がさらにスキルアップを目指す場合や、日本ではなく海外で公認会計士の仕事をしたい場合などに取得するとその効果は絶大だと言えるでしょう。