講師も公認会計士?公認会計士予備校 主要5校の講師陣について

都内に拠点を構える、有名な公認会計士予備校にはどんな講師がいるのでしょうか?

公認会計士の合格者を多く輩出している5校について、教師陣を中心にご紹介致します。

CPA会計学院

早稲田大学生と慶應義塾大学生が多く通う、有名な公認会計士予備校であるCPA会計学院
両大学に近い、東京の早稲田と横浜・日吉、そして予備校のメッカ水道橋にも2017年に拠点を展開しました。

CPA会計学院では、CPA専任の講師がいつも教室にいてくれて、わからない部分を親身になって教えてくれるのがメリットです

また、合格実績が全国平均の4倍という点に惹かれた方は多いように思われます。
通っている学生が早慶を筆頭に高い学力を持っていることを差し引いても、カリキュラムや講師陣の親身なサポート体勢のたまものなのではないかと思われます

他校の短期講座に行ったが合格できなかったため、結局この学校に入り直したという口コミも説得力があります。

資格の大原 / 資格の学校TAC

公認会計士の専門学校では、2校で40%近くの合格者数を輩出している大手学校
資格の大原は、「本気になったら大原」のキャッチフレーズが頭に残る、老舗の公認会計士予備校です。ただし、講師陣全員が公認会計士資格を持ってるいるかどうかは名言されていません

資格の学校TACは講師陣が公認会計士資格を持っています。「合格者講師主義」を貫いており、講師自身が公認会計士の合格者だからこそ、その経験から生徒を合格に導いてくれそうです。

クレアール

超合理的なカリキュラム「非常識合格法」を標榜するクレアールの講師陣は、プロフェッショナルで指導歴が長いとありますが、全員が公認会計士資格を持っているという言及はありません

しかし、租税法、監査論、財務会計論など公認会計士の試験科目になっているものは、自身も公認会計士登録をすませている講師が担当しているようです。
実際に事務所を開いたり、大手の監査法人での勤務経験のある講師だからこそ、実務を知っているため、指導がしやすいというところも魅力です。

LEC東京リーガルマインド

受講料がリーズナブルなことで有名なLEC東京リーガルマインドでは、担任講師制をとっています。

不安なことや質問などがあればいつでも担任講師に相談できるのが強み。しかし担任講師陣は必ずしも公認会計士であるかどうかの言及はありません
ホームルームや個別相談ブースなどもあり、サポートにはかなり力を入れているようです

まとめ

 

公認会計士が講師ならば、実務に直結していて、自身の経験に基づいて教えてもらえるというメリットはあります。

しかし、ビジネスライクかもしれないし、大勢の学生にいちいちかまっていられない部分もあるかも知れません。
生徒にしてみても、手厚いサポートが欲しい人もいれば、あまりかまってほしくないドライな人もいるでしょう。

自分にあった学校、講師を選ぶのは、結局は自分自身のフィーリングが一番なのかもしれませんね。

そのために、資料請求は必ずして、来校できる距離の人は直接来校、来校出来ない人は電話相談することをおすすめします。