「資格の大原」評判と口コミ

公認会計士スクールで「2大予備校」の一つである資格の大原。

TVコマーシャルなどで、一度は耳にしたことがあると思います。

そんな資格の大原に関する、評判と口コミをまとめてみました。

概要

ネームバリューが示す通り、最大の特徴は全国展開をしているその規模の大きさです。

首都圏に10数校、地方にも学舎があるので、大原であればどこに住んでいても通学することができるでしょう

期間は入門コースで1年半。費用は70万円前後です。一括払いと分割払いでかなりの差があるのが特徴。Webサポートのコースを追加でつけることもできます。

少し高額になりますが、2年で合格を狙えるコースやWebコースもあります。講師が親身になって教えてくれる「密着指導」も有名。

また、上級コースもあり、答練を中心に学習したい、苦手科目を克服したい、得意科目に磨きをかけたいといった受験経験者向けのコースもあります

公式ウェブサイトはこちら

通学者に聞く!資格の大原のココが魅力!

資格の大原の口コミをご紹介します。

教室側の万全の体制と、勉強仲間の間での切磋琢磨という恵まれた環境が用意されています。ただ、併設されている専門学校の休憩時間には学生の声が気になってしまうことと、時期によっては自習室の空席が少ないことが不満でした。

テキストが厚すぎず薄すぎず丁度よいボリュームで、合格に必要な情報が絞り込まれて入っているように思います。得意科目より苦手な科目を伸ばしたいと思っていたので、弱点が一目で解る個人別成績表はとても役に立ちました。

テキストのレベルが高いので、テキストで合格ラインまでいけば合格できると思います。合格率にこだわっている講師の方もいらっしゃるように感じ、けっこうプレッシャーもありました。

講義中に他校名を上げ「大原の方が良い」と豪語する講師がいた。 こちらとしては特に興味がないので、そんなこと言う暇があったら試験対策を掘り下げてほしいと思った。

資格の大原の良い評判、悪い評判

資格の大原に通っている方の評判をご紹介します。

やはり一番多かった意見は、大手ならではの全国規模の展開力でした。地方に住んでいる方でも学校に通うことができる利便性はありがたいですね。

ただ、昨今はWEB講座が主流になりつつあるので、近い将来、校舎の多さはそこまで大事な要素ではなくなるかもしれません。

次に声が多かったのは、オリジナル教材の質の高さです。1年ごとに改正されているため、どこを重点的に勉強すればいいのかが、しっかり網羅されているようです

また、学校法人ということもあり、通学の際には学割も使えます。

一方大手なだけあって、マイナス意見も多く挙がりました。

「廊下がうるさくて、本当に勉強しに来ているのか?と思う受講生をよく見かける。」
「受付スタッフがひどい。 敬称もつけずにタメ語で話してくる人もいるし、ペンも貸してくれないこともあった。
「修了考査の講義はただ教科書をめくって、覚えておいてください、というだけ。講義を受ける意味がまったくなかった。」
「教え方を会社で統一しているから先生ごとのカラーはない。そのシステム自体は悪くないと思うけど、授業の工夫や面白みはなかった。」
「自習室は人がいっぱいで、だいたいいつも利用できない。どうにかしてほしい。」

たくさんの受講生を抱える学校であるからこその問題点が多く露出されているように見受けました。
今後より質の高いサービスが提供されていくことを望みたいですね。

ここがポイント!資格の大原

資格に大原に用意されているコースをご紹介いたします。

入門2年本コース

入門1.5年スプリング本コース

上級本コース
集中資格取得(全日・夜間)コース

1.5年入門コース

上級コース 

修了考査対策講座
監査論・租税法対策講座

社会人の方や大学在学中の方が一発合格を狙える「入門2年本コース」や、勉強時間をたっぷり取れる方向けの短期集中型「入門1.5年スプリング本コース」など、通学コースに本腰を入れています。

ただし、他校と同様にWEB通信コースDVD受講コースもあります。

なお、大原の講師は必ずしも公認会計士ではありませんが、担当科目に強い講師であれば良いという方針のようです。

その他のポイント!

学割定期

通学講座の一発合格パックをお申し込みの方で「東京水道橋校・大阪校(新大阪)・難波校・京都校・神戸校」 でのご受講の場合に限り、通学定期をご利用いただけます。

ライブ講義無料体験

大原のライブ講義を無料で体験できます。学生の方の場合、保護者の方のみでの参加も可能です。

上級本コース受講料割引制度

2015年12月から2017年5月に実施された短答式試験に合格された方は、申込時に一般価格から5%を割引されます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です