公認会計士の資格取得のメリットとは?

「公認会計士」という単語を一度は聞いたことがある人は多いのでは?

公認会計士は医師、弁護士と並んで三大国家資格のひとつで、会計系の資格の中では最もレベルが高い資格だと言われています。

そんな公認会計士の仕事や、資格を取得するメリットなどをご紹介します。

公認会計士とは?

公認会計士とは、一言でいうと「会計の専門家」です。
企業に欠かせない会計に関するプロフェッショナルで、その主な業務は次のようなものがあります。

  • 企業の財務書類を厳しくチェックする「監査業務」
  • 企業に対して的確なアドバイスを行う「コンサルティング業務」
  • 財務書類の作成を行う「財務業務」

このうち、監査業務は公認会計士の資格を持っている人しかできない独占業務です

監査とは、企業の財務諸表(企業の収入や支出が書かれた書類)が正しいかどうかを第三者の立場から厳しくチェックする業務です。
これによって財務諸表の正当性が証明され、銀行や投資家が安心して投資や融資をするかどうかの判断が可能になるのです。

なお、監査を受けなければならない企業は、資本金5億円以上または負債の合計金額が200億円以上のいわゆる大企業です
それに伴って大企業を相手に仕事をする機会が多いということも公認会計士の特徴といえます。

公認会計士の資格を取得するメリット

公認会計士の資格を取得するメリットは、次のようなものが挙げられます。

お給料が高い

1年目でも年収500万円と、一般的な企業の初任給よりも高いケースがほとんどです。経験年数や言語などのスキルに応じて給料はさらにアップし、年収1,000万円以上稼ぐ公認会計士はたくさんいます。

将来性がある

公認会計士が独占業務とする監査は、いくつかの条件に該当する株式会社が必ず行わなければならない義務であるため、株式会社がある限り公認会計士の仕事はなくなることはありません

また、1つの資格で公認会計士としてだけでなく、税理士や行政書士としても働くことができるなど、長く安定して働ける職種だと言えます。

社会的地位が高い

公認会計士という仕事は、高い専門性を持ち、社会になくてはならない仕事です。そのため、求められる知識や業務は決して簡単なものではありませんが、その分社会からの評価は非常に高いです。

公認会計士の資格を取得するためには?

公認会計士の資格を取得するためには、まず公認会計士試験に合格する必要があります。

公認会計士試験は、年齢・性別・学歴関係なく誰でも受験可能です。そのため、学生でも社会人でも勉強さえすれば資格を取得することができます。

しかし、そのレベルは会計系資格の最高峰と言われるほど難易度が高く、合格のためには2~4年の勉強期間を覚悟しておかねばなりません

そんな公認会計士試験の概要は次のとおりです。

短答式試験

試験日  12月下旬と5月下旬の年2回実施
形式   マークシート方式
試験科目 財務会計論、管理会計論、監査論、企業法
合否判定 4科目の合計点数で合否を判定。なお、1科目でも満点の4割を満たない場合は不合格となる。

論文式試験

試験日 8月中旬
形式  筆記試験
試験科目
【必須科目】会計学(財務会計論・管理会計論)、監査論、企業法、租税法
【選択科目】経営学・経済学・民法・統計学の中から1科目
合否判定 5科目の合計点数で合否を判定。短答式試験と同様に、1科目でも満点の4割を満たない場合は不合格となる。

上記2つの試験に合格した後、2年間にわたって多くの公認会計士が勤務する監査法人で業務補助を行ったり、実務補修を受けたりして実務経験を身に付けます。

そして最後に「修了考査」と呼ばれる試験に合格すれば、晴れて公認会計士の資格取得となります。

まとめ

公認会計士の資格は年齢や性別、学歴などの条件が一切ないため、誰でも目指すことができます。
その一方、資格の取得までの険しい道のりを考えるとなかなか第一歩を踏み出せない人も多いと思います。

しかし、公認会計士の資格を持っていると安定した仕事に就けるだけでなく、お給料も高いため充実した生活を送ることもできます。
ゆえに資格取得への強い意志を持って努力を継続する覚悟が持てれば、挑戦する価値はあるといえます。