公認会計士試験。暗記するためのテクニックとは?

公認会計士試験に限らず、大抵の試験勉強は暗記がすべてだと言われます

とりわけ公認会計士の試験はとても広範囲に渡っているので、すべてを覚えようとすることは不可能に近いかも知れません。

それにも関わらずこの難解な試験を突破する人達・・・ごく一部の秀才でなければ太刀打ちできないのでしょうか?

ズバリ、そうではありません。「覚えるためのテクニック」を知っているか否かが鍵を握ります

ここでは公認会計士試験の暗記のテクニックをご紹介します。

公認会計士試験。暗記が苦手な人の覚え方とは?

試験範囲が膨大な公認会計士試験。その解答の一字一句すべてを覚えようとすることは不可能に近いと言われています。

公認会計士試験に限らず、大抵の試験は暗記力がものを言います。しかし人間の記憶力には限度があります。

暗記が苦手な人の多くは、本に書いてある内容をそのまま、なんでもかんでも覚えようとします。目に入る情報すべてをマーキングしようとする余り、情報量過多で肝心のポイントを覚えられなくなっているのです

一見、無限に近いように思える試験範囲も、ポイントを絞ればそんなことはないのです(仮に試験範囲が無限にあったら、誰も合格できていません)。

また、暗記の苦手な人は、繰り返し学ぶことを放棄する傾向にあります。一度覚えたと思ったら、自分の中で「済」の印を押してしまうのです。

これは暗記の天敵です。一夜漬けでどうにかなる試験であればまだしも、1年以上かけて取り組まなければならない試験勉強の場合、次から次に記憶が欠如してしまいます。

だからこそ、内容が難解で長い時間をかけなければ覚え切れない公認会計士試験では、何度も何度も繰り返し学ぶ姿勢がとても重要になります

公認会計士試験勉強で使える!暗記するためのテクニックとは?

では、公認会計士試験で使える「暗記するためのテクニック」をご紹介致します。

①ポイントを絞る

当たり前なことですが、なんでもかんでも覚えようとせずに、ポイントを絞ることです。

山を張れというわけではありませんが、限られた勉強時間の中で合格を掴み取るためには、無駄なことを覚えている暇はありません。

”ポイント”というのは、要はその本の作者の主張や結論の部分を重点的に覚えるということです。

つまり」「重要なことは」「ようするに」「結論として」などのキーワードが書いてある箇所を最初に読みます。それからそのセクションの頭に戻ることで、単純に上から読んでいくより頭に入りやすくなります。

要するに、上手に「はしょり読み」をするということです

②キーワードを見抜く

①で挙げた要約や結論のキーワード以外にも記憶の目印となる言葉があります。

テキストの中に出てくる、年号、人名、法律名など、その単語だけで意味が成り立つワードは、重要なキーワードです。ここも重点的に覚えるようにしましょう。

公認会計士試験勉強で役立つ!骨組みと細分化の覚え方とは?

公認会計士に限らず、丸暗記をするのはどんな試験でも大変です。特に公認会計士試験は、その試験範囲が膨大です。

そこでおすすめしたいのが、内容を「骨組み」と「細分化」に分けることです。はじめに骨組みを覚えて、そこから肉をつけていくように細分化された情報を覚えていくのです。

このように取り組むことで、体系的に覚えることができるため、理解が深まります。ただ闇雲に暗記するのとでは雲泥の差が生じます。

また、覚えるべきキーワードが出てきたら、「即反復」して何度もそのワードを読み返しましょう。

1日から1週間、1ヶ月と繰り返すことで短期の記憶が長期の記憶となり、頭の中に定着するでしょう。

まとめ

ここでは、公認会計士試験で役立つ暗記法をご紹介致しました。

範囲が膨大なため、そのすべてを暗記するのは不可能だと言われている公認会計士の試験。キーワードを見極めて、骨組みと細分化の情報に分けて記憶することで、試験に出る重要なポイントを整理することができます。

さらに、難解な文章や覚えにくいワードが出てきた場合には、とにかく何度も読み返し、一定の間隔で繰り返し学習することで頭の中に定着させましょう。是非、試してみて下さい。