公認会計士と英語?やはりできたほうがいい?

いまや公認会計士の資格だけではなく、ダブル、トリプルと他の資格を持っている人も多いですが、「英語」もそのひとつです。

外資系企業の駐在員や外国人従業員とコミュニケーションを取る際や、自身が外資系企業に就職する際にも、やはり英語はできた方がいいのでしょうか?

ここでは公認会計士と英語の関係性についてご紹介致します。

公認会計士が英語を使うシーンとは?

公認会計士と英語、一見関係がないように思えますが、近頃では公認会計士が英語を使うシーンも増えてきています。

それというのも、公認会計士の仕事は、近年では監査だけに留まりません。M&A海外進出支援事業再生海外ファンドが日本の土地を購入するなどといったシーンや、それほど規模が大きくなくても、日本語がほとんど話せない日本在住の外国人が顧客というケースもあります。

また、サラリーのいい外資系コンサルティング企業に転職したり、海外企業に就職するというチャンスが巡ってくることもあります。

いざという時のフットワークを軽くしておくためにも、また、急に英語力を求められた際に慌てないためにも、普段から少しずつ英語を勉強しておくのがいいでしょう。

といっても、外資系企業に転職などの機会があっても、英語力よりも人間性や経営ビジョンへの共感や興味が重視されるといいますから、英語力がないからといって不採用に直結するということではないようです。

しかし、まったく英語に興味がないよりは、英語の資格を持っていたり、英語で簡単なビジネス会話ができるという人の方が有利になることは間違いありません。

また、TPPの法律が成立すれば、それこそ外国の会計士と一緒に仕事をする機会も多くなります。いつ何時、英語を使う機会が降ってくるかわかりませんので、勉強しておくに越したことはないでしょう。

公認会計士の英語におすすめの勉強法「NHKやさしいビジネス英語」

かなり実践的な単語やセンテンスが載っている、NHKラジオ「やさしいビジネス英語」がCDブックになって発売されています。

できることなら毎日ラジオを聞いて勉強するのが一番ですが、毎日同じ時間にラジオを聞いていられないという人のために、CDブックは繰り返し音声を聞くことができるのでかなりおすすめです。

外資系企業では、この本に書いてある単語やセンテンスなどをかなり頻繁に使います。外国人との会話にせよ、E-mailでのやりとりにせよ、この「やさしいビジネス英語」を聞いていれば、大丈夫!とも言えます。

外国人との基本的なやりとりに関してはこの本で培って、会計に関する専門的な用語は、会計英語の専門書でチェックするという方法もおすすめです。

公認会計士の英語におすすめの勉強法「英語アプリBigo」

いまや英語もアプリで勉強する時代が到来しています。しかも学校で習う英語から一歩進んで、実践的なビジネス英会話のスキルを身につけられるアプリがこの「Bigo」です。

特に外資系やグローバルに展開する企業で会計士をしている方をはじめ、MBAや経営を学んでいる方、これから監査だけでなく、海外進出支援や、M&A、事業再生など色々なジャンルの仕事にも関わりたい会計士さんにおすすめの英語学習アプリです。

このアプリでは会計におけるビジネス上のシーン別に英語の単語やフレーズが登場し、調べた単語はパーソナル単語帳に貯まっていきます。そのため、一度調べた単語を繰り返し学習できるのです。「繰り返し」勉強することは、公認会計士試験の勉強だけでなく、どんな勉強においても大切なことです。

また、読むだけではなく、自分に合った会話スピードで、英会話の練習もできます。海外ビジネスニュースも配信され、リーディング練習も兼ね揃えている画期的なアプリです。iPhone用は無料です。

まとめ

公認会計士は英語ができたほうがいいか?という質問に対して「いつ英語が必要になっても困らないように、勉強しておいたほうがいい」と回答しました。

ただし、例えば地方でローカルの人々を対象に会計士の仕事をしている人などは、まったく英語を使用しないこともあります。そのため、英語ができるに越したことはないですが、必要でない人もいるので「人それぞれ」といえます。

一方都会では、日夜グローバル化が進んでおり、いつ何時、仕事で英語が必要になるかわからないというのも事実です。

英語勉強をやりたくもないのに、忙しい時間を割いてまでやることは苦痛以外の何者でもないので、英語に興味があって、余力がある人はやった方がいい、といったところでしょうか?