「クレアール」評判と口コミ

ネームバリューはそこまでないかもしれませんが、かなり独特な戦法で、通学よりもWEB講座に力を入れているクレアール。

そんなクレアールの評判と口コミを紹介します。

概要

クレアールは、現在、水道橋の一拠点でスクールを運営しています。

なぜかというと、とにかくWEB講座に力を入れているためです2011年に一気に10校舎を閉鎖し、完全に舵を切り替えました
(当時通学していた受講生は全員強制的にWEB講座に変更となったのでしょうか・・・?)

そして、超合理的なカリキュラム「非常識合格法」を標榜しています。これは、端的に言ってしまうと、とにかくテキストの内容を超重要点だけに絞りに絞っているというものです。そのため、テキストの厚みが有名スクールの中で圧倒的に薄いです。

公式ウェブサイトはこちら

通学者に聞く!クレアールのココが魅力!

クレアールの口コミをご紹介します。

なかなか勉強を取る時間がなく、最後の頼みで斉藤先生のヤマ当て講座を受講してみたら、斉藤先生の講座がわかりやすくて助けられた。

受講料が一番安かったのでクレアールに決めました。私は1発で合格しましたが、正直、結局は自分のやる気次第だと思います。他校に通学していた友人の教科書と見比べたことがありますが、クレアールの教科書は相当薄かった。

入学手続きを終えたら、学校からのコンタクトがゼロになった。おまけに時期を1年間違えた教材を送ってきておいて、確認したら「よろしければ、このまま送り続けましょうか?」と言われた。意味がわからないので他校に移動しました。

クレアールの良い評判、悪い評判

クレアールに通っている方の評判をご紹介します。

一番多かった意見は、教科書の薄さについてです。「非常識合格法」がウリのクレアールでは、テキストの内容を超重要点だけに絞り、できる限り薄くしています

受講生にとっては勉強範囲が絞られて非常に有り難いことだと思いきや、「試験問題にカスリもしなかった」という意見もチラホラあります。

ただし、「ヤマ当て講座」を受講して見事に合格できた方もいるようなので、一長一短というところでしょう。

また、学校の教育方針として、暗記重視の傾向が強いようで、論文式にやや弱いという声も挙がっています。

マイナス意見としては、以下のようなものが挙がりました。

WEB動画の質がものによってバラバラ。講師の咳き込みや舌打ちがひどくて聞いていられないものがある。」
「教材が誤字だらけ。答えが間違っているものもあり、途中から本当にこれを信じていいのかわからなくなった。結局、途中で市販の教材を購入し直した。」
「受付対応がひどい。申込みまでは親切だったが、それ以降は放置。WEB講座をメインにしているからだろうけど、あまりに露骨すぎる。」

「非常識合格法」と「WEB講座」の掛け算でうまく軌道に乗りたいところでしょうが、実際はなかなか上手く歯車が回っていない印象を受けました。

大手監査法人などではクレアール出身の人がほとんどいないということもあり、今後のサービスや実績がより向上していくことに期待したいですね。

ここがポイント!クレアール

クレアールに用意されているコースをご紹介いたします。

3年トータルセーフティコース
4年トータルセーフティコース
1年合格全力投球コース
ストレート春短答合格コース
上級1.5年トータルセーフティコース
上級2年トータルセーフティコース

上級論文合格コース

短答式試験が最大6回、論文式試験が最大3回受験できる「3年トータルセーフティコース」。合格したら”お祝い金”が進呈されるというユニークな制度が設けられている「上級1.5年トータルセーフティコース」。

いずれのコースも、WEB講座に舵を切ったことによる、コストを抑えた受講料の安さが魅力的です

一方で、なかなか合格実績に結びついていないところがこれからの課題かもしれません。

その他のポイント!

初学者対象コース 期間限定割引(4月末まで)

これから公認会計士試験勉強を始める方を対象に、コースの期間限定割引が実施されています。

初学者対象科目免除者対象コース 期間限定割引(4月末まで)

これから公認会計士試験勉強を始める方を対象に、科目免除者対象のコースの期間限定割引が実施されています。

ピッタリコース提案

WEBフォームの質問に答えるだけで、自分にピッタリなコースを個別にメールで案内してもらえます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です