財務諸表とは?-会計士を目指すための基礎知識-

「財務諸表」という言葉は聞いたことがあるけれど、ちゃんと説明するとなるとなかなかできない。
そんな人も多いのではないでしょうか?

今回は会計士を目指す人はもちろん、社会人として最低限知っておきたい財務諸表の基礎を確認していきましょう。

ここでは主に、財務諸表が必要な理由や財務三表とも呼ばれる、損益計算書、賃借対照表、キャッシュフロー計算書の役割などご紹介します。

財務諸表が必要になるのは、主に企業の決算時ですが、普段からの動向を確認するためにも、財務三表については随時確認するようにしましょう。

会社の動きを把握することで、どれだけ利益が出ているのかや損失が出ているのかがわかり、必要に応じて対策もできます。

財務諸表ってそもそも何のこと?

財務諸表とは、会社の健康状態を表す診断書のようなものです。

具体的には、会社が利害関係のある株主に対して、一定期間の経営成績、財務状態を明確にするために作られる書類と言えます。

財務諸表を確認することで、会社の利益や費用、収益などを判断することができ、負債などのバランスも見ることができます。

財務三表

財務諸表は、損益計算書や賃借対照表、キャッシュフロー計算式などで構成されており、これらの3つは財務三表とも呼ばれるほど重要な書類です。
以下に、それぞれの書類の役割など見ていきます。

損益計算書とは

損益計算書では、収益から費用を引いた分、つまり利益がいくらあるのかを確認することができます。

利益は以下の5つから計算されます。

  • 営業利益
  • 売上総利益
  • 経常利益
  • 税引前当期利益
  • 純利益(当期利益)

損益計算書を使うことで、それぞれの利益がどのくらいかの確認ができるようになっています。
それぞれの利益の計算方法も見ていきましょう。

営業利益の計算方法

計算式:売上総利益 – (販売費+一般管理費) = 営業利益

販売費や一般管理費は、会計期間中に発生しますが、サービスや商品に個別には対応していません。
人件費やテナント代、消耗備品などの仕入れ代金以外の費用から計算されます。

売上総利益の計算方法

計算式:売上高 – 売上原価 = 売上総利益

売上総利益は、会社がどれだけ利益を上げているかを見ることができます。
営業活動などで得られた利益が「売上高」と言われ、売上高から仕入れにかかった原価(売上原価)を引いたものです。
売上総利益は、俗に「粗利」と呼ばれることもあります。

経常利益の計算方法

計算式:営業利益 + 営業外の収益 – 営業外の費用 = 経常利益

営業外の収益にあたるのは、預金の利子や配当金、家賃の収入などです。
対して、営業外の費用にあたるのは、借入金の利息などがそれに当たります。
経常利益と営業利益を比較してみることで、本業以外(副業など)でどれだけの利益が出ているのかを確認できます。

税引前当期利益の計算方法

計算式:経常利益 + 特別利益 – 特別損失 =税引前当期利益
特別利益や特別損失は、例えば有価証券売却をして得た利益や損失、固定資産売却時の利益や損失など、予想外の事柄で発生した利益や損失を指します。

当期利益の計算方法

計算式:税引前当期利益 – (法人住民税 + 法人税 + 法人事業税) = 当期利益
純利益を出すために使われる計算方法で、純粋にどれだけ儲けたかを表す指標でもあります。

貸借対照表とは

賃借対照表は、ある時点に着目し、会社の資産がどれくらいあるかや同時に負債がどれくらいあるのかを確認するための書類です。

上記の損益計算書が、会社の一年間の利益などを表しているのに対し、賃借対照表では、決算日の利益や損失を表しています。

賃借対照表を確認することで、どうやってお金を集めているのかやどの用途で使われているのかがわかり、会社の経営が安全かどうかも確認できます。

「過度の借り入れがないか」や「固有資産を現金化したらいくらになるのか」なども賃借対照表を見ることですぐにわかるようになっています。

具体的には、会社が持っている資産と支払う義務のある負債を比較することで、純資産がわかります。

キャッシュフロー計算書とは

キャッシュフロー計算書では、資金の動きがわかるようになっています。
会社内のキャッシュインとキャッシュアウトの流れ(フロー)を確認できるので、お金の流れがどう動いているのかが一目でわかります。

キャッシュは多いほど良いようにも見えますが、実際にキャッシュフローを見る時には、どのような形で行われているかが重要となります。

キャッシュフロー計算書では、すぐに使える資金がどれくらいあるのかを確認できる書類で、3種類の活動内容(営業活動、投資活動、財務活動)によって、会社にとってプラスになるかマイナスになるかが変わります。

例えば「営業活動によるキャッシュフロー」がプラスになった場合は、営業活動で利益を得た形になるので、会社にとってプラスになります。

 

また「投資活動によるキャッシュフロー」がプラスになった場合は、固定資産、有価証券を売却できたことに対する利益を得たことになります。

ただ、もしとにかく現金が必要で手放してしまったなどの場合は、必ずしも会社にとってプラスになるとは限りません。

「財務活動によるキャッシュフローが」がプラスになった場合を見てみると、確かにお金は動きますが、借り入れが増えたことになるので、会社にとってはマイナスになります。

キャッシュフロー計算書が必要になるのは、株式会社に限られますが、お金の動きを把握することはどの会社でも重要な問題です。

まとめ

財務諸表では、財務三表(損益計算書・賃借対照表・キャッシュフロー計算書)が密接に関わり合っています。

会社の経営状態を確認するためには、どれも必要な書類ばかりですので、会計士を目指す人はもちろん、社会人であれば是非読み解けるようにしておきたいところです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です