これがおすすめ!公認会計士アプリ

いまや公認会計士の資格勉強もweb上で行えることが当たり前になってきましたが、そこから更に一歩前進して、スマホアプリでできたらいいなと思ったことはありませんか?

近年ではスマホの普及が目覚しいこともあり、公認会計士の資格勉強のためのアプリも登場してきました。

ここでは公認会計士の資格勉強のための代表的なアプリとその特徴をご紹介致します。

どんなアプリがあるの?

公認会計士のアプリは、大手の公認会計士資格取得をターゲットにした予備校がリリースしているものや、単体で出ているものなどがあります。

「短答式」に特化した種類のアプリが多く、価格は無料のものもありますが、多くは500円前後の有料のものです。

また短答式のアプリにおいても、科目別になっていたり、総合的に過去問が収録されていたりと様々なスタイルのものがあります。

出先のスキマ時間にパパッと開けて問題を解くことができる便利なツールです。

公認会計士学習アプリおすすめ ①「公認会計士 市松雄大」

iOS対応のみで、App Storeで無料でダウンロードできるアプリです。

公認会計士の勉強が進んでいる人には物足りないアプリかも知れませんが、公認会計士の業務全般、とくに監査の現場についてかいま見るにはとてもいいアプリです。

公認会計士になって3年目の「市松雄大」という人物を主人公にして、その監査を担当する彼に降りかかる企業の不正や嘘を暴きながら、ストーリーを進めていくアドベンチャースタイルのアプリです。

時折出題されるクイズを解きながら、ゲーム感覚で公認会計士の世界を疑似体験できます。

公認会計士試験というと、合格率10%以下というその合格率の低さや、出題範囲の広さ、合格までの必要勉強時間が2,000時間~3,000時間とも言われる厳しい世界ですが、時にはこうしたロールプレイング形式のアプリでリラックスし、楽しみながら知識を深めていくことも必要なことかもしれません。

公認会計士学習アプリおすすめ ②「早解き! 公認会計士短答」シリーズ

CPA会計学院監修の「早解き! 公認会計士短答」シリーズのアプリは、数ある公認会計士アプリの中でも「定番」と言われているアプリです。

「管理会計」以外は720円かかりますが、過去問6回分を収録した「過去問」、現役講師の厳選300問を収録した「財務会計」、厳選135問を収録した「管理会計」(600円)、厳選300問収録の「企業法」および「監査論」と、公認会計士試験を網羅した内容となっています。

勉強がかなり捗っている人には少し物足りないかも知れませんが、これから試験勉強をはじめようという初心者にはピッタリです。

出先でのスキマ時間や電車の中で勉強するにはうってつけのアプリです。

全部揃えても3,000円弱ですが、その割には内容が濃い、コスパがいい、公認会計士アプリでは最強、などと評価も非常に高いアプリです。

かなり勉強が進んでいる人にとっても、これまでの復習にとても役立つかもしれません。

まとめ

いまや試験勉強となればWeb学習は当たり前で、そこから一歩進んだアプリ学習の時代が到来しようとしています。

公認会計士の試験勉強も例外ではありません。ウィークデーの昼間は仕事が忙しくて、家に帰宅してからも疲れて公認会計士の勉強がなかなかできないという人は、出先や電車の中のスキマ時間を使って、アプリで勉強してみてはいかがでしょうか?

勉強する環境が変われば、モチベーションの向上にも繋がりますし、スキマ時間で反復練習をすれば、だんだんと知識も濃くなっていきます。是非、アプリ勉強を活用してみてください。