CPA会計学院2019年の合格実績

2017年に水道橋校、2018年に大阪梅田校と出店を続ける、今公認会計士予備校の中で一番勢いのあるCPA会計学院。

そのCPA会計学院の2019年の合格実績を見ていきたいと思います。

今までのCPA会計学院

今までは、早稲田大学と慶應大学の生徒が多かったため、自然と合格実績が高いと噂されていました。

2017年に水道橋校ができ、早稲田大学と慶應大学の以外の受講生が増え、合格率は大幅に落ちると囁かれていました。

大手スクールから移籍

2017年、2018年に新校舎を出しているCPA会計学院ですが、そのたびに大手スクールの看板講師が移籍をしています。

Webに掲載されているだけでもLecの渡辺克己講師、池邉宗行講師、TACの高野大希講師、松本裕紀講師がCPA会計学院へ移籍しています。

2019年には大原の人気No1講師の折原講師、TACの山本講師が移籍しています。破竹の勢いとはまさにこのことですね。

看板講師の移籍と、今までのCPA会計学院の良いところが交わって、2019年の公認会計士試験の合格実績はすごい結果になっています。

CPA会計学院 2019年 公認会計士試験 合格実績

昨年の合格実績は以下のようになっています。

2017年度 合格実績

44.8% 合格者数 121名 (一般的な合格率 11.2%)

2018年度 合格実績

42.4% 合格者数 223名 (一般的な合格率 11.1%) 

合格率は約2%下がっていますが、それでも40%以上という驚異的な数字です。合格者数も昨年の約2倍なる220名超となっています。

他の予備校で合格率を出しているスクールもありますが、よく見ると母集団を有名大学10校等絞っていたりと 意味の分からない事をしています。

2019年度 合格実績

合格者数 350名超  

年間100名以上増えて行っています。各予備校の有名講師・実力講師が移籍してきていることに加え、自習室の増床など、やはりCPA会計学院は勢いのあるスクールです。

他の予備校の合格実績は?

他スクールの合格実績は以前記載しました。

合格実績から見る公認会計士予備校

CPA会計学院の合格率が高いのは、単純に教材の良さと、いつでも相談できる環境だと思います。他のスクールは教材は良いものが作れたとしても、常に質問・相談できる環境作りは難しいだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です