公認会計士 解答速報(2018年Ⅱ回)

公認会計士 解答速報(2018年Ⅱ回)

 

CPA会計学院の解答速報

参考

CPAの解答速報のページ公認会計士 解答速報|第Ⅱ回短答式試験

TACの解答速報

参考

TACの解答速報のページ公認会計士 解答速報|第Ⅱ回短答式試験| 資格の学校TAC

大原の解答速報

参考

大原の解答速報のページ公認会計士 短答式試験 解答速報

公認会計士試験 2018年5月短答ボーダー予想

前回の短答ボーダーは「総点数の 70%を基準として、公認会計士・監査審査会が相当と認めた得点比率」を短答式試験の合格基準にすると公認会計士・監査審査会の実施要綱に書かれていました。

各社のボーダーを下にまとめていきます。
今回は64%が合格ラインでしたね。当てたのはCPA会計学院の国見氏でした。
試験から2日後で的中させるとは、すごいですね。

今一番勢いのあるスクールなだけありますね。受験生も国見氏の的中には驚いていますね。
合格するならこういった予想を当てれるだけ資格試験に精通している人がいるスクールがいいですね。

CPA会計学院のボーダー予想

東京CPAの国見氏が行う、ボーダー予想。前回は動画での説明でした。

今回は5月30日(水)19時頃 に発表とのことです。

2018/05/29 UPされたようです。
内容は以下の通り。

  • 企業法 難化
  • 管理会計 通常どおりの難しさ
  • 監査 通常どおりの難しさ
  • 財務会計 問題が難しく 合格ラインが下がるだろう

ボーダーラインなどの詳細は、CPAのサイトから確認してください。
ボーダーラインは64%~66%とのことです。

参考

CPAのボーダー公認会計士 解答速報|第Ⅱ回短答式試験

TACのボーダー予想

2018/6/6(水) 18時公開 予定

「最終予想合格ライン」は「67~65%」としその範囲の方を「C」判定とする「ABCDE」5段階評価を行っているとのことです。

大原のボーダー予想

6/2(土)16時公開 予定

参考

http://www.o-hara.ac.jp/best/kaikeisi/sokuhou1/大原 ボーダー予想

66%~68%にボーダーラインが設定されるのではないかと推測されます。

とのことです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です